㈱アライブライン|札幌カーラッピングはLP.Wraps

Alive Line
lpwraps

2021年12月07日(火)

LP.Wrapsデモカー アウディ R8 フルラッピング施工 ラッピングの疑問についても答えます


初めて見て頂く方にこの前置きを読んでほしいです、見たことある方は線の下から読んでください(^^)/

 

はじめましてこんにちは、札幌の肉好き社長 ニックこと小竹真悟です( ^ω^ )

札幌市北区屯田で株式会社アライブラインという会社で、車のボディにフィルムを貼って色や柄を変えて

楽しめたり、営業車に施工すると、伝えたい人に伝わる走る広告塔に早変わりできるカーラッピングや

飛び石や紫外線から塗装を保護することのできるプロテクションフィルムを

北海道に広める為、車の着せ替えカーラッピング専門店「LP.Wraps」で活動しています!

また、自動車販売店「CAR’S LIFE」では、新車・中古車販売をする中でカーラッピングを施した有りそうで無い、少しだけ個性的な

自分だけの1台も販売しています(^^♪

このブログは、ボクの好きなモノやコトに共感してくれる方たちに読んでもらえたらなと思うんです。

だって、好きなことを共感できる繋がりって楽しいと思いません?

ボクは、思うんです。で、好きなモノって何?って話ですが、、、肉です(´◉◞౪◟◉)

肉が大好きです。肉料理が大好きなので肉について語るときが多いと思いますが、ボクの日常で起こる、

普通の出来事をボクの思ったことを交えて綴りますので、興味のある方は、読んでいただけると嬉しいです(*’▽’)

あと、ボクの自己紹介ブログ1はこちらから。

自己紹介ブログ2015~2020はこちらです!(^^)!

よろしくお願いします!(^^)!

 


 

カーラッピングは、一見塗装と見間違えるほどのクォリティでボディの色を

 

 

変えることが可能です。

 

 

そして、売却時にはラッピングフィルムを剥離することも可能です。

 

 

もちろん、元色の塗装を傷めること無く剥離します。

 

 

でも、そうは言ってもそもそもカーラッピングってどんな出来上がりなの?

 

 

っていう不安もあるかと思います。

 

 

なので、当社ではカーラッピングとXPELペイントプロテクションフィルム施工を施した

 

 

直接見て頂けるそれぞれの「デモカー」をご用意しております。

 

 

今回は、そのうちのカーラッピングをボディ全体に施工した

 

 

フルラッピングのデモカーをご紹介します(^^)/

 

 

施工車輛

アウディ R8  5.2FSI クアトロ

 

施工内容

フルラッピング施工

使用フィルム

3M1080 G356

グロス アトミックティール

 

ヘッドライト・サイドブレード

XPELペイントプロテクションフィルム施工

 

ハイパーガラスコーティング

2層施工

 

 

IMG_1266

 

IMG_1267

 

 

元色は、下の写真の通りブラックです(^^♪

 

 

IMG_9009

 

 

カーラッピングの醍醐味は、何といってもこんなにも沢山のカラーサンプルの中から

 

 

好みの色を選ぶことが可能だということです。

 

 

好きな色を2色使ってのツートンカラーなんていうのも個性的で素敵です(^^♪

 

 

IMG_3090

 

 

カーラッピングには、大きく分けて3パターンの艶感があります。

 

 

塗装に近い見た目の「グロス」

 

 

半艶の「サテン」

 

 

艶の少ない「マット」

 

 

表面の質感の違いなんですが、それぞれの見た目に魅力があります。

 

 

IMG_1185

 

 

今回デモカーに使用したのは「グロス」なのでとてもツヤツヤです(^^♪

 

 

最近は、「サテンブラック」や「マットブラック」が人気です!

 

 

下の写真が「マットブラック」です。

 

 

IMG_9159

 

 

つぎが、「サテンブラック」です。

 

 

IMG_5578

 

 

艶感の違いわかっていただけましたでしょうか?

 

 

マットブラックの方が少しグレーっぽい感じというイメージです。

 

 

サテンブラックは、プレスラインの陰影が強く出るので夕日に照らされた時なんかは

 

 

かなり幻想的でかっこいいですよ!

 

 

IMG_1188

 

 

「カーラッピングって雨の日走れるの?」

 

 

「洗車とかどうしたらいいの?」

 

 

「冬に剥がれたりしないの?」

 

 

といったご質問を頂くこともあるのでお答えしたいと思います(^^)/

 

 

IMG_1194

 

 

まず、雨の日は普通に走れます!

 

 

施工直後から少しずのり面が定着するので出来れば施工直後はあえて雨の日に

 

 

走行するということは避けて頂けると有難いというのはありますが基本走れます(‘◇’)ゞ

 

 

よく剥がれたところからペロペロ~って剥がれちゃうの?って聞かれることありますが

 

 

それはありません。

 

 

悪路を走ってタイヤハウスの内側の巻き込んである部分にもし汚れが入っても

 

 

ボディの面まで剥がれてきたことは経験したことはありません。

 

 

IMG_1198

 

 

洗車ですが、基本手洗い洗車をお願いしています。

 

 

理由は、機械洗車で巻き上げて剥がれる原因を作らない為です。

 

 

ラッピング施工をしていないご自身の愛車を機械洗車入れない方は多いかと思います。

 

 

出来るだけ優しく大事にしていただくことで長く良い状態を持続できるのは

 

 

塗装面もカーラッピングフィルムも同様に言えることです。

 

 

IMG_1211

 

 

それと、できれば「屋内保管」もしくは「屋根下保管」が望ましいです。

 

 

ラッピングフィルムに限らず屋外で使用するモノの大敵は、

 

 

紫外線による劣化です。

 

 

塗装でも劣化してクリアがひび割れしたりすることもあります。

 

 

やわらかいフィルムは、塗装よりデリケートです。

 

 

でも、カーラッピングフィルムの役割を今一度ご理解頂きたいのですが

 

 

「施工前の塗装面の状態を

フィルムで維持することが出来る」

 

 

ということです。

 

 

IMG_1212 (1)

 

 

数年後にラッピングフィルムを剥がしたときに新車時の塗装が現れたら感動しますよ(^^♪

 

 

とはいえ、表面に見えている状態というのは大切なものです。

 

 

その為の対策もご用意しておりますので後程ご紹介させてください!

 

 

IMG_1222

 

 

北海道で1年中車を使用する以上避けて通れないのが

 

 

「冬」ですね(´・ω・`)

 

 

カーラッピング施工したまま雪の中走れるの?って、

 

 

ボクも最初かなり疑問でした (笑)

 

 

で、数年屋外半分屋内半分で冬も越してみました。

 

 

結果、気を付ければ大丈夫です。

 

 

どんな状況に応じても大丈夫ではないということです。

 

 

先にもお伝えしましたが、カーラッピングフィルムは、

 

 

糊残り無く剥がすことが出来る自動車用のフィルムです。

 

 

なので、大雪の中をタイヤでかき分けて進むような場所であれば大丈夫とは言えません (笑)

 

 

でも、屋外でルーフに積もった雪をスノーブラシで落とすことは出来ます。

 

 

その時のいたわり方のコツは、ブラシが直接フィルムに触れない程度で

 

 

優しく落とすってことです (笑)

 

 

IMG_1179

 

 

これ、いや当たり前だろって思う方もいるかもですが、

 

 

意外と真冬の外にいるだけで歯がガチガチしてくるぐらいの中で

 

 

雪降ろしをしているとそんなことになかなか意識せずに

 

 

やってしまうものです(;^ω^)

 

 

IMG_1180

 

 

なので、すごく単純ですが、ラッピングしていようがしていまいが、

 

 

より良い状態を長く保つ秘訣は

 

 

愛車に過保護になるということです (笑)

 

 

ちなみに僕は、かなり過保護です (笑)

 

 

なので、当然お預かりさせて頂くお客さんのお車もいつも過保護に

 

 

取り扱いさせて頂いています(‘◇’)ゞ

 

 

IMG_1181

 

 

とまぁ、カーラッピング施工済み車の疑問について少しお答えさせて頂きました(≧▽≦)

 

 

あ、全然今回のデモカーについてお話してきませんでしたが、

 

 

今回のイメージは下の写真の電動自動車R8がイメージでした (笑)

 

 

このおもちゃも元はシルバーからのフルラッピングです (≧▽≦)

 

 

IMG_1183 (1)

 

 

余談でした (;^ω^)

 

 

先程、フルラッピング施工の良い状態をより長く持続するための対策についてです。

 

 

ハイパーガラスコーティングという、ガラスコーティング施工も

 

 

当社では行っています。

 

 

どんなガラスコーティングかといいますと、

 

 

コンセプトが、

 

 

「オリジナルの塗装を100年維持したい。」

 

 

ということなんです。

 

 

どういうことかというと、

 

 

パンフレットからの抜粋ですが、

 

 

「高純度シロキサンガラス樹脂とナノシリカビーズのハイブリッド構造により、

 

 

傷消しの磨きをせずにコーティングすることが出来ます。

 

 

研磨で塗膜を薄くしたくない車などの微細な小傷を埋めることが出来ます。

 

 

もちろん小傷の度合いによっては、鏡面加工が必要です。」

 

 

と、あります。

 

 

これがカーラッピング、プロテクションフィルムとの相性が非常にいいということなんですが

 

 

フィルムは塗装のように研磨が出来ません。

 

 

なので、施工時にハイパーガラスコーティングも一緒に施工させて頂くと

 

 

次回メンテナンス時に微細な小傷を目立たなくすることも可能です(≧▽≦)

 

 

こういった理由から、当社ではフィルム施工車への施工実績も多い

 

 

ハイパーガラスコーティングの1層・2層施工とあるうちの

 

 

2層施工をオススメさせて頂いております。

 

 

もちろんラッピング施工していない塗装面への施工も可能です!

 

 

IMG_3091

 

IMG_3092

 

IMG_1070

 

 

最後に、デモカーということで友人にカッコよく

 

 

写真撮影をしてもらいました(≧▽≦)

 

 

ちゃっかり載せさせてください (笑)

 

 

IMG_1407

 

IMG_1408

 

IMG_1410

 

IMG_1423

 

IMG_1430

 

IMG_1431

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

 

 


JOIN US ON FACEBOOK