㈱アライブライン|札幌カーラッピングはLP.Wraps

Alive Line
lpwraps

プロテクションフィルム

PROTECTION FILM

ペイントプロテクションフィルムとは?

道路を走行するにあたっての、飛び石や虫の飛来衝突は塗装を痛める原因であり、 車を日常的に使用するには誰もが経験する「細微な事故」であると言えます。 ですが、誰もが経験する細微な事故でありながら、それを決定的に防ぐ方法はなかなかありません。例えば、ワックスやコーディングなどは車体を美しく見せるためで、この細微な事故からは守れません。
また、一部輸入車は新車時から特定箇所に塗装保護用のフィルムが採用されていたり、海外、特に北米では ノーズブラと呼ばれる布製のカバーなどが発売されていますが、日本国内ではあまり普及していません。 こうした現状の中で開発・登場したのがXPELペイントプロテクションフィルムです。

XPEL ペイントプロテクションフィルムとは、 アメリカで開発された耐候性・耐摩耗性に優れたポリウレタンフィルムで、そのフィルムに透明で耐候性のあるアクリル系の粘膜剤を塗布したものです。
XPELペイントプロテクションフィルムは0.15mm(150ミクロン)という厚みがあります。 ウィンドウフィルムなどと比較しても分厚いこのフィルムは、高透過高分子ポリウレタンという素材により非常に柔軟性があり、 かつ収縮性に富んでいます。
その特徴を生かして曲面への加工が可能となり、これまで不可能であると思われていた複雑な形状のバンパーなどの3次元曲面へも、 1枚の大きなシートで貼付けが可能となりました。
さらにその柔軟性は、飛び石などの飛来物からその衝撃を吸収し塗装面を守るという、もう1つの「不可能」も可能に変えました。

衝撃を吸収し高い耐摩耗性をもつXPELだから使われる <戦闘機>

XPELプロテクションフィルムは、外的な衝撃を吸収・分散する柔軟性、キズが付きづらい耐摩耗性、三次曲面にも施工がしやすい伸縮性などの様々な高機能を評価され、米軍戦闘機のキャノピー(操縦席の風防)にも採用されています。高速で飛行する戦闘機に採用されていることは、フィルムの機能が高いことの証明です。

新車購入時ボディコーティングをされるお客様へ

ボディコーティングを施工することで日常の汚れからボディは、保護できますよね! でも! ヘッドライトの保護は考えたことはございますか?数年経つと新車からの輝きは、確実に劣化し、細かいキズによる汚れの付着や紫外線による焼けなどが「黄ばみ」の原因です。 XPELプロテクションフィルムは、戦闘機のキャノピーに使用されるほどキズがつきにくい上に、耐候性に大変優れているので、新車購入時にヘッドライト施工をすると車の顔ともいえるフロント周りを新車時のまま保つことが可能です!
ヘッドライトがくすんでしまうだけでとても古く感じてしまうんですよね。と、いうことは、ヘッドライトがキレイだと新しく見えるということにもなりますね!ちなみに、ヘッドライトが曇りすぎると光度が足りず車検が通らないといったこともあります。ボディコーティング施工で愛車を大切に所有されているお客様、ヘッドライトの保護もオススメいたします。